調理師資格を「独学」参考書は使わない簡単オススメ勉強法!

f:id:namaraku:20191018125536j:plain
ブログ更新約1ヶ月ぶりです。というのも10月12日(土)に調理師試験の予定だったので、1ヶ月前から必死に勉強していました。

調理師試験といえば、国家資格の中でもかなり簡単で有名ですが、少し勉強し始めた感じ、なかなか頭に入ってこなく焦ったので必死に勉強していたのですが...

台風19号が関東に直撃したため、2019年12月22日(日)に変更になりました。

 

試験まで時間が出来たので、僕が行っている勉強法を紹介します。

調理師資格に合格するだけなら、参考書は買わなくていいと思います!『2年間の実務経験』と『試験代』があれば大丈夫です!

という事で、まだ試験を受けてもいないのですが、現在勉強中!自信だけはあるので1勉強法として参考にどうぞ!

 

参考書を買わない方がいい理由

 

f:id:namaraku:20191018125926p:plain

僕は参考書を読んでも全く頭に入ってこないし、読み始めて3分くらいで眠くなります。忙しい社会人の方なら、仕事をしながら資格勉強しようとしても集中出来る人は少いのではないでしょうか?

 

そこでオススメがこちらのサイトです。

kakomonn.com

過去問は、「公益社団法人調理技術技能センター」のホームページでも過去3年分印刷する事が可能ですが、こちらのサイトは平成23年度まで過去問がありますし、分類別に勉強することが出来ます。しかも解説もついているので、特に参考書は必要ないです。

調理師の資格以外にも「管理栄養士」「ファイナンシャルプランナー」「普通自動車免許」「宅建」など40種類以上の資格の過去問が出来ます。過去にいくつか資格試験を取得してきましたが、資格試験合格の近道は過去問をこなすことだと思います。

 

⇩ITパスポート試験の勉強も同じ様に勉強して合格しました。 

www.namararaku.com

 

今回買った本の紹介

 

毎回、資格勉強を始めるときは、過去の経験を活かさずに参考書は1冊買っています。

⇩今回買ったのがこの本です。

f:id:namaraku:20191019232722j:plain

 

本屋で見つけてパラッと見た感じ絵が多くて分かりやすいと思い楽天ブックスで購入しました。今回も通勤時間で勉強しようと思い買ってしまったのですが、やっぱり僕には無理でした。

 

調理師試験の内容

  1. 公衆衛生学
  2. 食品学
  3. 栄養学
  4. 食品衛生学
  5. 調理理論
  6. 食文化概論

勉強といったら、まず参考書を一回読んで全体の内容を理解したいという意見もありますが、調理師試験の内容は複雑なことはなく上記の6項目なので内容理解のために参考書は買う必要が無いです。過去問を繰り返し解いていたら、自然と覚えられます。

 

まとめ

とりあえず参考書は買わずに「(無料)調理師の過去問を提供「解説あり」 - 脳に定着させて絶対合格」で過去問を繰り返し解くことです。

 参考書は持ち運びには、大きくて重いのでスキマ時間に勉強することが難しいですが、こちらの勉強方法なら、通勤時間やトイレに入っているちょっとした時間でも過去問を解くことが出来ます。