ITパスポート試験 勉強法はこれ一択!

今年2月の話になりますが、ITパスポート試験合格することが出来ました。実は2回落ちています( ´△`)

失敗から学び、初めからこうしたら良かったと思います。

今回は独学で勉強して合格する方法ですが、独学の勉強方法は今考えたら一択でした!

ITパスポート概要

「iパス」はITに関する基礎知識を問う国家試験です。

IT化された社会で働くすべての方に必要な基礎的能力を証明できます。

引用元:【ITパスポート試験】試験内容・出題範囲

試験時間:120分

問題数:100問

出題形式:四肢択一式

出題分野:

ストラテジ系(経営全般):35問程度

マネジメント系(IT管理):20問程度

テクノロジ系(IT技術):45問程度

 

合格基準:総合得点が600点以上、各分野別得点がそれぞれ30%以上

勉強方法(独学のみ)

  1. 参考書、問題集を購入して勉強
  2. アプリでひたすら問題を解く
  3. YouTubeを見て学習

いろいろ勉強方法はありますが、一番おすすめは「ITパスポート過去問道場」です。というかこれのみで受かると思います。ひたすら過去問道場で問題を解くことが合格への近道だと思います!

www.itpassportsiken.com

試験を受けるまでにしたこと

試験1回目

まずは、試験日を決め強制的に勉強するように追い込みをかける。

勉強法はオーソドックスに参考書買いました。仕事でPCは使いますがIT系の仕事でもなく聞きなれない言葉が沢山でてきて、全然入ってこないというのが、第一印象です。

不安なまま試験日、当然落ちました。

⇩ 買うならこの参考書

試験2回目

1回目の反省としては、明らかに勉強量が足りなかった。やっぱり参考書を読んでいましたが、頭に入っていませんでした入ってこないので、会社でITパスポート資格を持っている人にどんな勉強して合格したか聞いてみると「過去問道場」しかやってないよ!と言われたので早速始めました。

ID登録してログインしたら、間違えた問題のみ出題することもできます。解説分かりやすく、分野指定やランダム出題も出来ます。

しかし、結果は落ちました。

試験3回目

2回目の反省は、問題正解率65%くらいで試験に挑みましたが、時間制限や予想外の問題が出て慌てた結果落ちてしまいました。

そして、3回目は1500問くらい問題を解いて、正解率70%超えで結果合格しました。

f:id:namaraku:20190805221022j:plain

ギリギリセーフ(笑)

まとめ

これだけ落ちても心が折れずに受け続けることが出来たのは、会社で資格手当が貰えるからです。まずは、試験を受ける理由が明確じゃないと勉強する気になりません。ITパスポートは、国家資格だし人気のある資格なので、持っていたら何か役に立つかもしれません!

肝心な勉強方法としては、「過去問道場」一択です。知識0だから、基礎から学ぼうと思い参考書を買うのもいいですが、出題範囲が広く全てを覚えようとしたらかなりの時間がかかります。

空いている時間は、ひたすら過去問道場の問題を解きまくり、飽きるほど似たような問題を解いて、正解率70以上で、不安なことがなければ、ほぼ合格すると思います。